更新情報

2021-09-15 大会ホームページ,アップしました.大会参加受付開始します
2021-09-07 第17回九州矯正歯科学会学術大会の準備状況について

第17回九州矯正歯科学会学術大会のお知らせ

本大会は,2020年2月に開催されました第15回大会(熊本)以来,2年ぶりで開催させて いただくことになりました.新型コロナ感染症の対策を考慮して,懇親会を行わない1日開催とし,佐賀県の中でも比較的交通のアクセスが良い鳥栖市を開催地として定めました.

本大会のテーマは「矯正歯科から見る未来 ―病診・診診連携―」です.現在,歯科医療に関連した学問は細分化され専門化し,学会も分かれて開催されております.しかし,共有しておきたい知識,他の専門職に伝えたい情報もあります.お互いの専門性を尊重しながら勉強し,討論できる場として,大会テーマを上記の通りといたしました.

特別講演では,矯正歯科学にとって避けることができない呼吸に焦点をあて,東京医科歯科大学矯正学教授 小野卓史先生に「データは語る:鼻呼吸障害と睡眠時無呼吸のからだへの影響」と題してご講演いただきます.また教育講演では,医師の立場から,福岡市みらいクリニック院長 今井一彰先生に「口呼吸の早期解決を図ることが健康寿命を延ばすカギ」と題して ご講演いただくことになりました.さらに招待講演では,Taiwan Association of Orthodontists (TAO) 会長Eddie Hsiang-Hua Lai先生にご講演いただく予定です.

シンポジウムでは,小児歯科,歯周病科など矯正歯科と密接に関係がある分野の著明な先生をお迎えし,診療科間連携の新たな視点を模索することにチャレンジしたいと思います.

コロナ禍で先の見えない昨今ではありますが,今大会開催の頃には感染対策も十分に行き届いて対面での学会開催ができればと祈るばかりです.

皆様の多くのご参加をお待ち申し上げます.


大会長 門司いず美(門司歯科医院 院長)

令和3年9月

開催概要

日 時
2022年(令和4年)1月30日(日)
※例年と異なり1日開催のためご注意下さい
場 所
サンメッセ鳥栖
〒841-0026 佐賀県鳥栖市本鳥栖町1819 電話:0942-84-2121
主 催
九州矯正歯科学会
大会長
門司いず美(門司歯科医院)
テーマ
“矯正歯科から見る未来 ―病診・診診連携―”
特別講演
「データは語る:鼻呼吸障害と睡眠時無呼吸のからだへの影響」
小野卓史先生 | 東京医科歯科大学 口腔機能再構築学講座
咬合機能矯正学 教授
教育講演
「口呼吸の早期解決を図ることが健康寿命を延ばすカギ」
今井一彰先生 | みらいクリニック(福岡県福岡市)院長
招待講演
「演題未定」
Eddie Hsiang-Hua Lai先生 | 
Taiwan Association of Orthodontists (TAO) 会長
シンポジウム
「歯科矯正 診診連携アップデート」
(矯正)Taiwan Association of Orthodontistsより推薦
(歯周)医療法人木村歯科医院(福岡県福岡市開業)院長 木村英隆先生
(小児)福岡歯科大学小児歯科 小児口腔外傷センター 准教授 岡 暁子先生

口演(学術),口演(症例),学術展示,症例展示,症例報告(認定医更新用),症例呈示

演題申込期間   2021年(令和3年)9月15日-10月15日正午

*ポスター他展示会場での質疑応答について 今大会では,新型コロナウイルス感染症対策のために展示会場内における従来のような 対面での質疑応答は行わず,質問表にて発表者へ質問していただく形式となる予定です.

Back to Top